豊胸と女性ホルモン

胸が小さい原因には女性ホルモンが関わっているのです。
充分に女性ホルモンが分泌されないと、乳腺の発達に悪い影響を与え、脂肪が胸に付かなくなり、胸が小さくなります。
女性ホルモンの分泌は、思春期から成人期に多く分泌され、それが多いほど乳腺を発達させるのです。
その結果として、脂肪が胸に付き、張りがある大きな胸になるのです。
多くの場合が成長期に胸が大きくなるのですが、この時期に頻繁にスポーツをしていたり、大きなストレスを抱えていたり、極端なダイエットをしていたり、女性ホルモンのバランスを崩してしまうと、充分に分泌されません。
そうすると、胸に脂肪がつかないで、そのまま未発育の状態になってしまうのです。
豊胸する方法はあります。
女性ホルモンを活性化させるように促すことです。
やり方は、マッサージをしたり、ツボを刺激したりするだけでも効果はあります。